Каталог файлів

Головна » Файли » Мої файли

イゴール・パブロフュク (イゴール・パブリュック)
05.03.2012, 13:28

イゴール・パブロフュク (イゴール・パブリュック)

イゴール・パブロフュク (イゴール・パブリュック)ラテン文字表記の例 : Ihor Pavlyukウクライナ語І́гор Зино́війович Павлю́к 196711ボリーニ州ロジーシチェンスキー郡ウジョーヴァ村生まれ)ウクライナの作家、研究家である。 シェフチェンコの国家賞、ヴァシーリ・シモネンコボリース・ネチェルダマルキヤン・シァシケヴィッチグリゴーリイ・スコヴォロダの全ウクライナ文学賞、ニコライ・ゴーゴリの国際文学賞「トリウムフ」を受賞。

社会的コミュニケーションの博士である。

伝記 [編集]

生い立ち [編集]

出産後10日間で母親が死亡。ホルムシチナ地域からの移住者である祖父と祖母の下で育てられた。父親の親戚はロカチンスキイ郡マリイ・オコルスク村で暮らしていた。 金メダルでドロシニフの学校を卒業。 サンクトペテルブルクの軍事工学建築高等専門学校に入学したが、2年生の時、詩を書き始めたため、スキャンダルが起こり、停学された。刑罰として、囚人と一緒に道路の建設作業をするのに強制的にザバイカルタイガに派遣された。 1986年から1987年まで共同被告人としてボリーニ州キヴェルチ郡の新聞に勤める。1987年にイヴァン・フランコ記念リヴィウ国立大学報道学部に入学し、1992年に優勝者として卒業した。 卒業後、宗教の報道とラジオに勤める。1987年からリヴィウに暮らし、2003年からはキエフに暮らしている。

キャリア [編集]

1996年にキエフのタラス・シェフチェンコ国立大学報道学部で「芸術家・政府・報道。歴史・語学分析」のテーマで準博士を取得し、2009年に「全国の情報スペースの部分としてのボリーニポリッシャホルムシチナピドリャッシャの1917ー2000年のウクライナ語の報道」のテーマで博士を取得した。1993年から2004年までウクライナ国立科学アカデミーのリヴィウ市立ステファニック国立図書館の定期的刊行物の研究科学センターの研究員、イヴァン・フランコ記念リヴィウ国立大学の教職員、同大学のフランコ部門の研究員、文学スタジオ「フランコの鍛冶所」の首領、「オストログアカデミー」国立大学(オストログ市)の博士として勤務していた。 1999ー2000年に研究家と詩人としてアメリカ合衆国を訪問。 エストニアグルジアロシアベラルーシポーランドトルコアイルランドの国際文学祭に参加したことがあり、ボリーニ州の人々に関する国際刊行に関わり、ウクライナの作家と詩人会の会員である。 ロシア語からの翻訳をする。 或る詩が歌になった。 イゴール・パブリュックの詩を下に劇が作られている。 「ヴェルテップ」と言う劇がリヴィウのレシャ・ウクラインカ記念ドラマ劇場で演じられている。 イゴール・パブリュックの或る作物はロシア語、ベラルーシ語、ポーランド語、英語、ラテン語、日本語、その他の外国語に翻訳されている。 パブリュックのいくつかの本がウクライナの国家的な画家であるイワン・スコロズドラ(1934—2008)、有名な画家であるイワン・オスタフィイチュックミコラ・クマノフスキイオリガ・クワシャによって美術的にデザインされた。 イゴール・パブリュックの「煙の中のウクライナ」と言う叙情詩の本が2009年のウクライナの優秀刊行物となった。 2010年に、ヤゲロン大学のヤロスラフ・ポリシチュック博士の前書き付きの、オクサナ・プホンシカの、イゴール・パブリュックの活動に関するモノグラフが刊行された。 2011年にアメリカのCreateSpace出版社(Amazon.comの支社)によって3ヶ国語(ウクライナ語、英語、ロシア語)でイゴール・パブキュックユーリイ・ラジルコ共著のCatching Gossamers(クモの糸をつかみ)と言う叙情詩集が出版された。翻訳者の一人はイエブゲーニイ・ビリチェンコである。その本は、世界最大小売りのネットワークである Barnes & Nobleによって発売されている。

«European writer Introduction»と言う本で紹介されている。

現在イゴール・パブリュックは、キエフウクライナ国立科学アカデミー タラス・シェフチェンコ文学大学20世紀ウクライナ文学部の研究職員、イヴァン・フランコ記念リヴィウ国立大学の博士、文学芸術刊行物である「テレン」、「ゾロタ・ペクトラリ」、「ドズヴィン」、「ウクライナ文学新聞」の編集会の会員である。

出版物 [編集]

[編集]

  • 「若の諸島」/『Острови юності』、1990
  • 「違う場所の風」/『Нетутешній вітер}}』、1993
  • 「昼間の月の声」/『Голос денного Місяця』、1994
  • 「ガラスの居酒屋」/『Скляна корчма』、1995
  • 「永久アレルギー」/『{{Lang|uk|Алергія на вічність}』、1999
  • 「災害」/『Стихія 』、2002
  • 「男性の占い」/『Чоловіче ворожіння』、2002
  • 「天使(または)英語?」(The angel (or) English language?)、( イゴール・パブリュックの英語の詩)/、2004
  • 「叙情詩」のCD、2004
  • 「聖水の反乱」/『Острови юності』、2005
  • 「マグマ」/『Магма』、2005
  • 「反乱」/『Бунт』、2006
  • 「チューニングフォーク」/『Камертон』、2007
  • 「叙情詩」/『Лірика』、2008
  • 「煙の中のウクライナ」/『Україна в диму』、2009
  • 「ストラトスフィア」/『 Стратосфера 』、2010
  • 「クモの糸をつかみ」(Catching Gossamers)/『 Ловлячи осінні павутинки』、2011

散文 [編集]

  • 「詩人の部族の木の略歴」 /『Біографія дерева племені поетів, 2003
  • 「禁じられた花」/『Заборонений цвіт, 2007

モノグラフ [編集]

  • 「芸術家・政府・報道。歴史・語学分析」 』/『Митець - Влада - Пресаісторико-типологічний аналіз, 1997
  • 「ウソの診察と予知:疑似コミュニケーション理論への補説」/『 Діагностика і прогностика брехніекскурси в теорію комунікації, 2003

 

外部リンク [編集]

Категорія: Мої файли | Додав: Автор | Теги: イゴール・パブリュック, Ihor Pavlyuk, Ігор Павлюк, біографія японською мовою
Переглядів: 1126 | Завантажень: 0 | Коментарі: 6 | Рейтинг: 0.0/0
Всього коментарів: 0
Ім`я *:
Email *:
Код *:
Вітаю Вас Гість